主な記事 一覧

九州送配電 伐採樹木を動物の餌に有効活用

 九州電力送配電は、停電の未然防止のために伐採した樹木を、福岡県大牟田市の市営動物園に提供し、動物の餌として有効活用する画期的な取り組みを開始した。安定供給のために伐採・廃棄している樹木のうち、キリン...

続きを読む

北海道電 産学官でゼロカーボン北海道推進

 北海道電力は、北海道や経産省北海道経産局などと協力し「50年までのゼロカーボン北海道の実現に向けたオール北海道の取り組み」(道環境生活部)を開始する。前記目標の達成に向けて、産学官の連携・協力で脱炭...

続きを読む

関西、四国、九州電 通信子会社に高い評価

 新型コロナウイルス禍の影響で、テレワークやオンライン会議の需要が急増する中、顧客満足度調査事業のオリコンME(東京都港区)が初めて行った「地域別インターネット回線ランキング」調査で、関西、四国、九州...

続きを読む

東電HD、東電PG 本店ビル22年度に解体

 東京電力ホールディングス(HD)の現本店ビルの、22年度の解体が決定した。東京電力パワーグリッド(PG)が地権者として参加する、東京都千代田区での大規模再開発プロジェクト「内幸町一丁目街区開発計画(...

続きを読む

東電HD、東電PG 本店ビル22年度に解体

 東京電力ホールディングス(HD)の現本店ビルの、22年度の解体が決定した。東京電力パワーグリッド(PG)が地権者として参加する、東京都千代田区での大規模再開発プロジェクト「内幸町一丁目街区開発計画(...

続きを読む

国交省 空港の再エネ拠点化へ重点調査開始

 国交省は、空港の再生可能エネルギー拠点化を目指した取り組みを加速するため、「重点調査空港」を選定する。空港の脱炭素化に向けて、空港施設・車両からのCO2排出削減を進めると共に、特に脱炭素化に意欲的な...

続きを読む

Jパワー 清掃組合がRDF発電事業を継承

 Jパワーが、未利用資源の有効活用と、環境への負担軽減(ダイオキシン類の排出抑制)を目的に、02年から福岡県、大牟田市との官民共同で進めて来たRDF(ごみ固形化燃料)発電事業は、既報のようにJFEエン...

続きを読む

監視委 配電事業者の委託を行為規制の例外に

 電力・ガス取引監視等委員会は、配電事業者に対する行為規制に関して、同事業者の特徴を考慮し、一般送配電事業者とは一部異なる規制を定める。20年6月に成立・公布された「強靱かつ持続可能な電気供給体制の確...

続きを読む

東電設計 比で台風被災小水力の運転再開を支援

 東電設計は7月より、フィリピンのイフガオ州で、同州政府が管理・所有する公営小水力(820㎾)の運転再開を目指した国際貢献事業を開始する。支援の対象となる小水力は、日本政府の無償資金協力で15年に建設...

続きを読む

エネ庁 火力の過度な退出回避へ制度措置検討

 経産省エネ庁は、電力の安定供給を確保するため、国が休廃止予定の電源を確実に把握し、安定供給に与える影響を評価する仕組みを構築する。今夏・今冬の需給見通しでは、供給力不足の顕在化が指摘されており、安定...

続きを読む