主な記事 一覧

秋田洋上風力 22年運開へ陸上送配電設備着工

 東北、中部、関西3電力が参画するSPC・秋田洋上風力は、秋田港・能代港洋上風力の導入に向けて、陸上送変電設備の建設に向けた準備工事を開始した。同プロジェクトは、秋田県が県内の再生可能エネルギー導入の...

続きを読む

中部電 停電対策で静岡県内各市と計画伐採推進

 中部電力は、静岡県掛川市などと協力して、停電の事前防止を目的とした山間地などでの樹木の計画伐採を、来年度(予定)より開始する。同取り組みは、18年9月に中部地方に大きな被害をもたらした台風21、24...

続きを読む

東電HD 電力サイバーセキュリティ会議で報告

 東京電力ホールディングス(HD)は今日14日、経産省が本館内の国際会議室で開催する第1回「電力サイバーセキュリティ対策会議」に出席し、東京五輪・パラリンピック期間中におけるサイバーセキュリティ対策の...

続きを読む

経産、国交省 洋上風力の基準類を年度内に改定

 経産、国交両省は今年度中にも、洋上風力設備に関する技術基準の統一的解説などを改定し、一般海域の洋上風力事業にも適用可能となる基準類を策定・公表する。洋上風力プロジェクトの円滑化を図るため、電気事業法...

続きを読む

東電HD 労組が人材確保に向け執行部案策定

 東京電力労働組合は今春闘で、組合員の平均年収を3%増やすよう会社側に求める執行部案を固めた。福島第一原子力の廃炉の履行も含め、優秀な若手人材の確保と技術の継承、さらに組合員の士気向上に一定水準の待遇...

続きを読む

電気学会 でんきの礎にOYKモータなど5件決定

 電気学会は、社会や産業の発展に大きく寄与し、文化的に顕著な貢献をした電気技術を称える「でんきの礎」として、新たに5件を決定した。同学会創立120周年を迎えた08年に創設した同顕彰は、今年13回目を迎...

続きを読む

関西電 21年春採用は前年実績55人増の450人

 関西電力は、21年春入社の新規採用を、前年実績(395人)より55人増の450人(事務系110人、技術系340人)とすることを決めた。既報のように、スタートアップ育成支援策「起業チャレンジ制度」で誕...

続きを読む

規制庁 認知度向上で来年度の新卒採用女性最多

 原子力規制庁は、新規採用者を対象に官民が主催する、各種説明会への参加を通じて、公務員の魅力や同庁の業務内容、仕事のやりがいなどについて広く発信する。21年度の採用に向けて、同取り組みを活発化しており...

続きを読む

NEDO 策定中のバイオマス設備技術要件を紹介

 NEDOは、地域の特性を活かしたバイオマスエネルギーの最適なシステム化を目指して、バイオマス利用に関する設備機器の技術指針と、システムとしての導入要件に関する検討を進める。14年度からバイオマスエネ...

続きを読む

東電HD/中部電 スリランカで再エネ支援事業

 JICAは、スリランカで来月より開始する「電力セクターマスタープラン(MP)実現に向けた能力向上プロジェクト」を、東京電力ホールディングス(HD)または中部電力に委託する。順調な経済成長を続けるスリ...

続きを読む