主な記事 一覧

環境省 炭素循環社会モデル事業で川崎重工を採択

 環境省は、低炭素・炭素循環社会を目指して今年度から開始する「CO2の資源化を通じた炭素循環社会モデル構築促進事業」に、川崎重工業と早稲田大学による技術開発事業を採択した。CO2の資源化を実現するため...

続きを読む

東電HD 赤城山南麓で今月末にも地表調査開始

 東京電力ホールディングス(HD)は今月末から、群馬県赤城山地域で、地熱開発に向けた調査事業を開始する。同地域は、既設の地熱に共通するカルデラ構造や、熱水の兆候となる変質した地熱があることが分っており...

続きを読む

エネ庁 原子力立地国調査で中間意識層分析が重要

 経産省エネ庁は、エム・アール・アイリサーチアソシエイツに委託実施した「原子力立地国における国民との信頼関係醸成に向けたコミュニケーション強化に関する取り組み調査」の報告書を公表し、原子力利用に対して...

続きを読む

ヒートポンプC ベトナム訪問で規格策定協力を

 ヒートポンプ・蓄熱センターは、東南アジアでのヒートポンプ(HP)給湯機の普及に向けた取り組みの一環として、今年1月に実施したベトナム訪問の結果報告を公表し、省エネルギー法やHPに関する規格、ガイドラ...

続きを読む

東電HD、JERA JICAから2事業受託

 東京電力ホールディングス(HD)とJERAは、東南アジアのミャンマー連邦共和国と、南太平洋のソロモン諸島で、それぞれ2つの異なった国際貢献事業に近く着手する。いずれもJICAから受託した海外プロジェ...

続きを読む

エネ庁、東電HD 福一視察ツアーを今秋開始

 経産省エネ庁は、東京電力ホールディングス(HD)との共催で今年度より、初の試みとなる「福島第一原子力の構内を巡る一般住民向けツアー(仮称)」を実施する。同ツアーは、東電HDが目標に掲げる「東京五輪が...

続きを読む

規制委 今年度事業者防災訓練の評価指標見直し

 原子力規制委員会は、今年度の原子力事業者防災訓練に向けて、評価指標を見直す。昨年度の訓練結果を踏まえて、情報共有のためのツールとして、共通状況図「COP」と原子力規制庁の緊急時対応センター(ERC)...

続きを読む

エネ庁 需給一体型再エネ自家消費モデル拡大へ

 経産省エネ庁は、FITから自立した「需給一体型再生可能エネルギー自家消費モデル」の普及拡大に向けて検討を加速する。さらなる省エネルギー政策の一環として、ZEHの自律的普及モデルの確立や、大口需要家に...

続きを読む

環境省 環境事業調査で東北電の成功要因を分析

 環境省は、環境ビジネスの実態に関する調査結果を取りまとめ、環境ビジネスを実施する企業の先進的な事例として、東北電力などの取り組みを評価・分析した。経済・社会のグリーン化やグリーン成長を担う環境ビジネ...

続きを読む

関西電 経産省調査でOIの推進姿勢を高く評価

 関西電力は、経産省がこのほど集計した「イノベーティブ大企業ランキング」調査で、エネルギー・電池業界の第1位に選出された。同調査は「大企業のオープンイノベーション(OI)の状況を俯瞰的に指標化する」(...

続きを読む