電力時事通信 電子版

4月から2か月間の無料試読キャンペーン開始


2021年4月1日から「電力時事通信」の読者を対象とした「電力時事通信電子版」の配信サービスを開始します。

同サービスは、従来の紙媒体に加えて、パソコン、スマートフォン、タブレットへ紙面を配信するもので、紙面発行日の毎週月曜、水曜、金曜日の午前5時頃に配信します。


電子版の導入にあたり、21年4月から5月末までの2か月間に限って、電力時事通信を御購読くださっている方々を対象に、無料で電子版を配信いたしますので、ご希望の方はこの機会に是非お試しください。

お申し込みは、弊社電力時事通信社ホームページの問い合わせフォームから「電子版の配信申込み」にチェックし、御社名、eメールアドレスなどの必要事項を記入して、送信してください。

お問い合わせ後に、弊社からIDとパスワードをお送りした上で配信を開始します。


試読キャンペーンの終了後21年6月1日からは「電力時事通信電子版」を有料購読とさせていただきます。

購読料は、従来の本紙のみ月額4500円(+消費税「4500円×8%」)のところ電子版も併読の場合は月額5000円(+消費税「4500円×8%+500円×10%」)となります。

契約期間は本紙購読と同様に6か月、または12か月でお願いいたします。

契約更新についても、本紙購読と同様に自動更新となります。

なお、電子版の購読無料期間が終了しても自動的に電子版本契約にはなりません。

電子版の本契約については、改めてお申込みいただいた上で、手続きをいたします。


電子版の詳しい利用方法に関しては利用規約をご覧ください。

最新号の目次

2024(令和6)年2月28日(水曜日)第8486号

    • エネ庁 原子力人材需給ギャップ見通し作成へ
    • 環境省 CO2削減効果算定ガイドに蓄電池追加
    • NEDO 脱炭素技術の海外実証適合調査公募
    • 東北電 青森ねぶた祭の技術を次世代に継承
    • 東北電 「頭痛の日」周知啓発でライトアップ
    • 北陸電、清水建設 被災地のゴルフ需要下支え
    • 関西電 日建連関西支部の電力セミナーに協力
    • 中電不 豊橋市に総戸数183の大規模集合
    • 九電不 福岡市中心地で再開発プロジェクト

最新号の主な記事

エネ庁 原子力人材需給ギャップ見通し作成へ

 経産省エネ庁は、原子力人材の育成・確保に関する方向性をまとめた。原子力人材の育成においては、「技術」領域の取り組みは相対的に進んでいるが、建設(ものづくり)をはじめとする「技能」領域では、東日本大震災以降の需要剥落により、職人技の継承や人材育成機会の喪失などが、大きな課題となっている。同庁は、原子力小委員会でのこれまでの議論を踏まえて、①需給ギャップの見通し作成、②ものづくり人材の育成、③...

続きを読む

事業関連カレンダー