電力時事通信 電子版スタート


2021年4月1日から「電力時事通信」の読者を対象とした「電力時事通信電子版」の配信サービスを開始しました。

同サービスは、従来の紙媒体に加えて、パソコン、スマートフォン、タブレットへ紙面を配信するもので、紙面発行日の毎週月曜、水曜、金曜日の午前5時頃に配信します。


お申し込みは、弊社電力時事通信社ホームページの問い合わせフォームから「電子版の配信申込み」にチェックし、御社名、eメールアドレスなどの必要事項を記入して、送信してください。

お問い合わせ後に、弊社からIDとパスワードをお送りした上で配信を開始します。


購読料は、従来の本紙のみ月額4500円(+消費税「4500円×8%」)のところ、電子版も併読の場合は月額5000円(+消費税「4500円×8%+500円×10%」)となります。

契約期間は本紙購読と同様に6か月、または12か月でお願いいたします。

契約更新についても、本紙購読と同様に自動更新となります。


電子版の詳しい利用方法に関しては利用規約をご覧ください。

最新号の目次

2021(令和3)年7月28日(水曜日)第8115号

    • 経産省 カーボンR普及拡大40年頃に前倒し
    • 文科省 JAEA次期中長期目標策定へ提言
    • 環境省 環境スタートアップ表彰を来年開催
    • 電力各社 安定供給でスポーツの祭典を下支え
    • 東北電 グループ大で復興五輪に支援・協力
    • 関西電 1日に地元主催の「トロバースデー」
    • 四国電、Jパワー 四国港でCNP構想推進

最新号の主な記事

四国電、Jパワー 四国港でCNP構想推進

 四国電力とJパワージェネレーションサービスは、経産・国交両省、四国経済連合会(会長=佐伯勇人・四国電会長)、四国ガス、愛媛大学大学院などと協力し、四国4県の計13の重要港湾の中からモデル港を選出し、同港に水素など次世代エネルギーを導入して脱炭素化に力点を置いた港湾機能の高度化を図ることで、CO2排出量の削減につなげるカーボンニュートラルポート(CNP)構想の実現を目指した産学官共同の取り組...

続きを読む

事業関連カレンダー