電力時事通信 電子版

4月から2か月間の無料試読キャンペーン開始


2021年4月1日から「電力時事通信」の読者を対象とした「電力時事通信電子版」の配信サービスを開始しました。

同サービスは、従来の紙媒体に加えて、パソコン、スマートフォン、タブレットへ紙面を配信するもので、紙面発行日の毎週月曜、水曜、金曜日の午前5時頃に配信します。


電子版の導入にあたり、21年4月から5月末までの2か月間に限って、電力時事通信を御購読くださっている方々を対象に、無料で電子版を配信いたしますので、ご希望の方はこの機会に是非お試しください。

お申し込みは、弊社電力時事通信社ホームページの問い合わせフォームから「電子版の閲覧希望」にチェックし、御社名、eメールアドレスなどの必要事項を記入して、送信してください。

お問い合わせ後に、弊社からIDとパスワードをお送りした上で配信を開始します。


試読キャンペーンの終了後21年6月1日からは「電力時事通信電子版」を有料購読とさせていただきます。

購読料は、従来の本紙のみ月額4500円(+消費税「4500円×8%」)のところ電子版も併読の場合は月額5000円(+消費税「4500円×8%+500円×10%」)となります。

契約期間は本紙購読と同様に6か月、または12か月でお願いいたします。

契約更新についても、本紙購読と同様に自動更新となります。

なお、電子版の購読無料期間が終了しても自動的に電子版本契約にはなりません。

電子版の本契約については、改めてお申込みいただいた上で、手続きをいたします。


電子版の詳しい利用方法に関しては利用規約をご覧ください。

最新号の目次

2021(令和3)年4月14日(水曜日)第8073号

    • 環境省 太陽光アセス合理化GL作成へ検討加速
    • 経産省 遠隔監視制御の導入条件など手引制定
    • IPA 産業サイバーSシンポで人材育成成果
    • CAPJ 東電EPをかたる偽メールに警鐘
    • 東北電、ユアテック 就職先人気企業に選出
    • 北陸電 小松支店が美味しい地域経済振興策
    • 沖縄電 琉球キャピタルを通じてホテル支援
    • リライアンスE 那覇市立病院からES受託
    • イーレックス 石垣市スーパーC構想に協力

最新号の主な記事

環境省 太陽光アセス合理化GL作成へ検討加速

 環境省は、太陽光における環境影響評価の合理化を図るため、年内にも「合理化ガイドライン(GL)」を作成する。環境影響評価を行うにあたり、評価の項目や調査・予測・評価の手法を選定する方法書手続き「スコーピング」機能の強化に向けて、現行制度の下で簡略化できる項目などを整理し、事業特性・地域特性に応じたメリハリのある環境影響評価の実施を後押しする。環境影響評価法に基づき、4万㎾以上の設備に義務付け...

続きを読む

事業関連カレンダー