電力時事通信 電子版

4月から2か月間の無料試読キャンペーン開始


2021年4月1日から「電力時事通信」の読者を対象とした「電力時事通信電子版」の配信サービスを開始しました。

同サービスは、従来の紙媒体に加えて、パソコン、スマートフォン、タブレットへ紙面を配信するもので、紙面発行日の毎週月曜、水曜、金曜日の午前5時頃に配信します。


電子版の導入にあたり、21年4月から5月末までの2か月間に限って、電力時事通信を御購読くださっている方々を対象に、無料で電子版を配信いたしますので、ご希望の方はこの機会に是非お試しください。

お申し込みは、弊社電力時事通信社ホームページの問い合わせフォームから「電子版の閲覧希望」にチェックし、御社名、eメールアドレスなどの必要事項を記入して、送信してください。

お問い合わせ後に、弊社からIDとパスワードをお送りした上で配信を開始します。


試読キャンペーンの終了後21年6月1日からは「電力時事通信電子版」を有料購読とさせていただきます。

購読料は、従来の本紙のみ月額4500円(+消費税「4500円×8%」)のところ電子版も併読の場合は月額5000円(+消費税「4500円×8%+500円×10%」)となります。

契約期間は本紙購読と同様に6か月、または12か月でお願いいたします。

契約更新についても、本紙購読と同様に自動更新となります。

なお、電子版の購読無料期間が終了しても自動的に電子版本契約にはなりません。

電子版の本契約については、改めてお申込みいただいた上で、手続きをいたします。


電子版の詳しい利用方法に関しては利用規約をご覧ください。

最新号の目次

2021(令和3)年5月7日(金曜日)第8081号

    • エネ庁 原子力サプライチェーン維持・強化
    • 監視委 放射性廃棄物量の開示を小売り指針に
    • 東電HD 本社新設構想のガイドライン作成
    • 中部電 松本市とのスーパーシティ構想に注目
    • 九州電 インバウンドとの交流促進でWS開催
    • 東光高岳 大成建設とコロナ対応防疫機器開発
    • 福島県 処理水処分に関する風評被害に対応

最新号の主な記事

エネ庁 原子力サプライチェーン維持・強化

 経産省エネ庁は、原子力イノベーションの創出に向けて、技術開発、研究開発基盤の供用と共に、人材育成・産業基盤の強化を推進する。将来にわたって原子力を安全・安定的に活用していけるよう、現下の状況でも戦略的に産業・サプライチェーンを維持するため、技術・人材の状況分析を進め、その結果を踏まえて、供給途絶の危機にある高い技術・サービスの継承や、デジタル技術の活用などを通じた品質マネジメントの負担軽減...

続きを読む

事業関連カレンダー