最新号の目次

2018(平成30)年12月10日(月曜日)第7740号

    • 規制委 巨大噴火の準備・開始プロセス研究推進
    • JICA 電力の協力得てベナンで情報収集調査
    • エネ総研 原子力解体物のリサイクル促進へ提言
    • 東電PG、中部電 台風24に伴う停電で意見交換
    • 東電HD 廃炉資料館を地元自治体・住民が期待
    • 北陸電 子ども版画の振興に協力しコンペを支援
    • 九州電 エコ自慢コンテストの入賞作品展を開催
    • 東光高岳 神奈川、愛知両県から優良事業所表彰
    • 日本海建興 新日本コンサルから本社新築工事受注

最新号の主な記事

エネ総研 原子力解体物のリサイクル促進へ提言

 エネルギー総合工学研究所の原子力発電所廃止措置調査検討委員会は、原子力施設と放射性同位元素利用(RI)施設の解体物などについて、リサイクルの促進に向けた提言をまとめた。10年に導入されたクリアランス制度は、事業者と規制機関の双方にとって手続きにおける負荷が大きいことが指摘されており、業界内などでの再利用という制約によって、円滑なリサイクルを阻んでいるのが実情。そのためエネ総研は、同委員会を...

続きを読む

事業関連カレンダー