最新号の目次

2019(平成31)年3月25日(月曜日)第7779号

    • 環境省 CO2の資源化で炭素循環社会モデル構築へ
    • エネ庁 トラッキング付き非化石証書実証を継続
    • NEDO ドローン運行管理シンポジウム初開催
    • JCOAL 新刊石炭データブック来月販売開始
    • 電力各社 空気調和・衛生工学会から年次表彰
    • 北陸電 神通川マラソン男子ハーフで社員が優勝
    • 関西電 ネパールでの水力調査をJICAと契約
    • 関西電 ファンの要望に応えてトロバスを映像化
    • 中国電 上関建設に向けて林地開発の期間を延長
    • ユアテック 秋田県から新施設の電設工事受注
    • 四電ES・四国計測 宇多津町からESCO受託

     

最新号の主な記事

環境省 CO2の資源化で炭素循環社会モデル構築へ

 環境省は、CO2の資源化を通じて炭素循環社会モデルを構築する取り組みを推進する。50年にCO2排出量を80%削減するには、CO2を資源として活用する技術を実用化することが重要とされており、CO2を資源化する化学物質は多岐にわたる。同化学物質は、従来の化石燃料由来の物質で代替することも可能だが、CO2の資源化を本格的に進めるにあたって同省は、目的とする化学物質を製造すると共に、社会で活用する...

続きを読む

事業関連カレンダー