電力時事通信 電子版スタート


2021年4月1日から「電力時事通信」の読者を対象とした「電力時事通信電子版」の配信サービスを開始しました。

同サービスは、従来の紙媒体に加えて、パソコン、スマートフォン、タブレットへ紙面を配信するもので、紙面発行日の毎週月曜、水曜、金曜日の午前5時頃に配信します。


お申し込みは、弊社電力時事通信社ホームページの問い合わせフォームから「電子版の配信申込み」にチェックし、御社名、eメールアドレスなどの必要事項を記入して、送信してください。

お問い合わせ後に、弊社からIDとパスワードをお送りした上で配信を開始します。


購読料は、従来の本紙のみ月額4500円(+消費税「4500円×8%」)のところ、電子版も併読の場合は月額5000円(+消費税「4500円×8%+500円×10%」)となります。

契約期間は本紙購読と同様に6か月、または12か月でお願いいたします。

契約更新についても、本紙購読と同様に自動更新となります。


電子版の詳しい利用方法に関しては利用規約をご覧ください。

最新号の目次

2022(令和4)年5月18日(水曜日)第8229号

    • エネ庁 CCS先進国の支援措置踏まえ検討
    • 環境省 CO2報告制度で非化石証書分を控除へ
    • 東電HD、関電工 阿武隈南変電所近く着工
    • 北陸電 小松駅東地区複合ビルを8月に着工
    • Jパワー 今月末に瀬戸石水力の運転を再開
    • 中部電ミライズ 駐車場シェアサービス開始
    • 北陸電工 情報通信研究機構から工事を受注
    • 沖電工 沖縄都市モノレールから工事を受注
    • 長野県 中部電の協力で新規水力の開発促進

最新号の主な記事

中部電ミライズ 駐車場シェアサービス開始

 中部電力ミライズコネクトは、愛知県岡崎市と協力し、市民や観光客の駐車需要に応えた官民共同の新たなサービスを開始する。両者が今年2月に交わした「駐車場シェアサービスの活用に関する連携協定」に基づく取り組みで、岡崎市が、来年から放映がスタートするNHKの次回大河ドラマ「どうする家康」の主人公、徳川家康の生誕地であることから「放映期間中を中心に、多数の観光客が当市を訪れて駐車場が不足するおそれが...

続きを読む

事業関連カレンダー