電力時事通信 電子版

購読のご案内


2021年4月1日から紙媒体「電力時事通信」の読者を対象とした「電力時事通信電子版」の配信サービスを提供しています。

同サービスは、従来お届けしている紙媒体に加えて、パソコン、スマートフォン、タブレットへ紙媒体と同様の記事を掲載するもので、紙面発行日の毎週月曜、水曜、金曜日の午前5時頃に配信しています。


電子版の導入以降、リモートワークの増加や働き方改革の前進といった社会情勢の変化を受けて、おかげさまで多くの方々にご利用いただいておりますことに対して、改めて御礼を申し上げます。

これまでに寄せられた読者からの様々なご意見、ご要望に応えて、電子版単独での提供を本格的に開始します。ご希望の方はこの機会に、電子版のご購読も合わせてご検討ください。

お申し込みは、弊社電力時事通信社ホームページの問い合わせフォームから「電子版の配信申込み」にチェックし、御社名、eメールアドレスなどの必要事項を記入して、送信してください。

お問い合わせ後に、弊社からIDとパスワードをお送りした上で配信を開始します。


購読料は、月額4500円(+消費税10%)計4950円、紙媒体も併読の場合は月額5000円(+消費税4500円×8%+500円×10%)計5410円となります。

契約期間は本紙購読と同様に6か月、または12か月でお願いいたします。

契約更新についても、本紙購読と同様に自動更新となります。


電子版の詳しい利用方法に関しては利用規約をご覧ください。

最新号の目次

2024(令和6)年4月19日(金曜日)第8507号

    規制庁 原子力規制の理解醸成へ資料公開検討

    IPA デジタル時代の企業変革事例を紹介

    東北電、ユアテック 就職人気調査で上位に

    関西電 南港火力ゼロカーボン化検討を推進

    関西電 立山黒部アルペンルートが全線開通

    東電設計 チュニジアで系統運用技術を支援

    JFS 岩見沢市から新病院のESCO受託

最新号の主な記事

関西電 南港火力ゼロカーボン化検討を推進

 関西電力は、高経年化に伴う南港火力(LNG、計180万㎾)更新計画について、ゼロカーボン化に向けた検討を推進する。990年から991年にかけて計3基を導入した同火力は、運開後30年以上が経過した同社で最も古い火力設備となっており、関西電は23年3月に環境影響評価法に基づく配慮書、同11月に方法書を経産省へ提出し、リプレースに向けた検討を進めているところ。同計画では、高効率GTCCに更新する...

続きを読む

事業関連カレンダー