最新号の目次

2019(令和元)年12月9日(月曜日)第7880号

    • エネ庁 配電事業のコスト削減効果を託送料に反映
    • 規制委 免震構造の審査ガイド策定へ本格検討開始
    • A T E N A  経年劣化管理のガイドライン策定へ
    • 東電H D  復興庁の新たな国際広報事業に協力
    • 中部電、東邦ガス 埋設物の事故防止で講習会
    • 中国電 特許資産規模調査で7 年連続の第1 位に
    • 沖縄電など スタートアップ支援の8 社を決定
    • 日本エスコン 都内に2 つの新規集合を建設へ
    • 北陸電工、日本海建興 富山県が優良工事表彰

最新号の主な記事

配電事業のコスト削減効果を託送料に反映

 経産省エネ庁は、災害に強い分散型グリッドの推進に向

けて創設を検討する、配電事業者のライセンス制度につ

いて、一般送配電事業者へのインセンティブを設けた制度

設計を行う考えを示した。同制度は、ネットワーク事業者

として事業を円滑に実施可能な経理的基礎、技術的能力を

持つと共に、需要家の負担増加とならないことなど...

続きを読む

事業関連カレンダー